« bpm「ネバーランド☆A GO! GO!」つづき | トップページ | 是我痛:アルティールまたも再販 »

2007.10.27

07年10月の浅沼晋太郎さん

 浅沼晋太郎さんの秋新番組の感想。見た順にロック・スクール2、D.C.II、みなみけ、げんしけん2……って「みなみけ」だけ浮いてるな。と書いてて寝かせてたら「神霊狩/GHOST HOUND」も始まってしまいました。あと近々、久しぶりに「きらりん☆レボリューション」のすばる兄ちゃんがお出ましだそうで楽しみです。Tee考も新作2本。そして 待望のラジオが来ますよ!(^Q^)

浅沼晋太郎の 無駄なTee考はやめて出て着なさい

 久しぶりかと思ったら続けざまに。相変わらず冴えてます(^^)
【第五回「ドラマティックであれ」】 それは確かにドラマティックな人生を送れるかもしれないが、「あんた誰」という視線を浴びるのも必至だという諸刃の剣。だがそこで「オレはオレだ!」と言い切れたらヒーローになれるんだろうな。
【第六回「胸のボタンをためらうな」】 そしてこう続くのかー(^^;

ジーン・シモンズのロック・スクール2 (ジェダ)
 ドラマではなくエデュテインメント・ショー。お声は想像通り、「ドレイク&ジョシュ」のドレイクの超左下って感じ(ナニソレ)。トーンはドレイクに近いけど、テンションはいい加減なドレイクよりも下というか。気だるげな芝居というのもこれはこれで良いものですよ。ほほ。因みにルックスは「鄙には稀なる美形」って奴で、長めの髪に物憂げな瞳というのはイギリスの片田舎に一介の高校生としておいとくにはちょっと勿体無い素材ですよ。磨けば光りそう。
 #01では、まぁ何て素晴らしい「やる気のない」演技かしら。3日目でサボった後に授業に出てきてるのは、もうサボるのさえ面倒になったんだろーこの子はーとかって軽く見てたり。「何で童謡なんだ、ありえない」とかさ。
 #02で折角マネージャーになったのに3回目のサボりでマネージャーを首になる始末では、この子が心配でならん。この子の抱えてる問題はこの子に限ったことじゃないのよ。ともあれ15歳で飲酒は止めとけ。 ←イギリスの11年生って15-16歳だと思うんだけど、番組での「音楽クラスの11年生」は14-15歳なんだよなぁ。ジェダは特に14と言われてないから15だと思うのだけれど。
 #03では授業に戻ってきて、マネージャーを明け渡したロブと一緒にやってるっぽい感じ。カメラさんに気に入られているのか画面にはちょこちょこ映るのに台詞は少なめで寂しいんだけれど、ローレンを褒めてるときの笑い声が可愛かったー(^-^)
 #04では正式にマネージャーに任命されたロブの補佐につくことに。地味に真面目にやってたのが評価されたのであれば良かったね。とはいえマネージャーの仕事してて必要なものを集めるのに「M&M's。青いの抜いて」って、あんたは「くまちゃんのグミの緑色のを抜いて」といってドレイクを困らせたアシュリーかい(^^; そういやGuitar Center Hollywoodが出てきたけど、「ドレイク&ジョシュ」ではGuitar Worldだっけ。ビバリーヒルズのホテルのベッドで遊んでるジェダが可愛い。
 で、ロックスクール終了で、シモンズ先生に影響を受けた、親みたいな感じと語るジェダがね。テンションは相変わらず低めなんだけれど、しみじみと語る声に本心が出てるようで。女の子はバンド組んでるし、クリスはレコーディングしてるし(!)、サミは疎遠だった母親との距離を縮めたし。ジェダを含めた他の男の子も負けてられんとは思うのだけれど。でっかい夢を見せてもらえたのだから、出来ることを一歩ずつやっていってほしいなぁと素直に思える良い番組でした。

 EDで吹き替えのクレジット見てて、中田譲治さんと浅沼さんが掛け合いをやってる現場……とかって想像するだけでくらくらする(^^; Wikipediaだと、ジーン・シモンズってKISSの前に小学校の教師をしてたことがあるのだそうで。へぇ。あとROLLYのロック塾2が楽しい。
 因みに、小柄で芸達者なクリスの久保田恵さんは「ドレイク&ジョシュ」#28(未放映)で子供時代のドレイクを演じておいでの方。日本語版第3期は11月は来ないみたいで待ち遠しいです。

D.C.II (桜内義之)
 4本目の主演作。お声のトーンは「ムシウタ」の大助の対利奈モード(限定するなら#06「狙ワレタ夢」版)のちょい右上(だからナニソレ)、芝居はキョウちゃん寄りって感じかなぁ。やはりヘッドフォン推奨。ほほほ。
 お兄ちゃん属性と弟属性に幼なじみ付きって、おいしすぎるぞ主人公。ってそーゆージャンルだから。そのおかげか、芝居の感じからして、女好きのドレイクの方が硬派に感じる。
 私生活が女に囲まれている反動か、学校では渉と杉並の野郎2人とつるんでるのが可愛い。大助は同世代の男子との会話が殆どなかったからなぁ。「で、どうしてそうなる」とかって渉に小声でぶーたれてるのがイイカンジ。金魚すくいやってる時の「この出目金、渉に似てねーか」とか、小恋相手にOFFでやってる一連の掛け合いがまた可愛い可愛い。
 小恋とは幼なじみということで、どうしてもキョウちゃんを思いだしてしまう部分が多いのだけれど、そこはそれ、ちゃんと場面場面に合わせた義之としての芝居をしてくださっているのが心地良く。全体的に柔らかく、突っ張ってるのでさえ当たり所が優しい演技なのが良いですねぇ。
 夕暮れの空、枯れない桜の下での「いいよ」は、まるで裏のない「いいよ」ってことで、ムシウタ#09「夢ノ欠片」での、含みがあるかのような「いいよ」とはかなり別物なので聞き比べてみると面白いかと。どちらも良いのですが(^^* 裏がないのは一見美しいのだけれど、この時点ではそれこそ何もないってことなんだよなぁ。恋というのは青春の勘違いなんだぞー。
 小恋も小恋だ。「(名字の違う)お隣さんだけどきょうだい」という強すぎるアドバンテージを持った朝倉姉妹に対して、小恋の「(それでも他人の)幼なじみ」というのはある意味最後の武器だっちゅーに、#01からこんな展開とは。#02では意識しすぎてうまくいかないというお約束の展開で、なのにロボ子(天枷美夏)が出てきてややこしくなり。#01だけだと今後壊れたらどうするよとか思ったけれど、でも義之なら大丈夫だと思いたい。幼なじみスキーとしては小恋を応援するよん。つーても#03見てると、それほどべったりだった訳でもなさそうなのね。
 ただ渉が小恋狙いっぽいんだよなぁ。てことで#03の展開が(^^; 「男と抱きあう趣味はないって!」って、ドレイクも最初のうちはそう言ってたよね。そうだ是非一度ドレイクとギターで勝負してくれ。判定はジェダに頼んでシモンズ先生連れて来てもらおう。 ←混ぜるな

 設定などに関しては突っ込んだら負けなんだろう。13話しかないしなぁ。「ときめきメモリアルOnly Love」は25話あったのになぁ。 ←それを出すか
 でもなぁロボ子よ。ロケットパンチは人に向けて撃っちゃいかんのだぞ。相手は苦笑いして流してくれたけど、舞浜シャイニングオーシャンパンチの使い手なんだからな! ←だから混ぜるな
 で、公式サイトに義之のキャラ紹介が ない んですけれど……あの……主人公って。女の子の設定をひっくり返してみるに、付属3年3組=中3相当なのかな。音姉が本校の2年だし。中3だとしたらメガネっ子とタメかよっ!

 で、ついに ラジオ来ますよ!(^Q^) ラジオ ダ・カーポⅡ~初音島日記~、11月上旬開始予定だそうです。小恋の南條愛乃さんとお二人でとのこと。嬉しいなぁ。

 声優グランプリwebに浅沼さんも一言コメントあり。集合写真(拡大可)では2列目。主人公なのにーとは思うけど頭一つ飛びぬけてるし。
 あと公式のプロローグDVDの内容に 「メインキャストインタビュー収録」 とあるんだけれど、浅沼さん入るかな。

B000X1KEKCD.C.II~ダ・カーポII~ Vol.0
浅沼晋太郎 高垣彩陽 堀江由衣
キングレコード 2007-12-26

by G-Tools
B000X1EF52みなみけ 1 (期間限定版)
佐藤利奈 井上麻里奈 茅原実里
キングレコード 2008-01-09

by G-Tools

みなみけ (タケルおじさん)
 #01では役名は「先生」。つーても三姉妹が見てたドラマの男性教師ってことで、何て芝居でお出ましですかー(^^; まだ「ぼくらの」の記憶は新しいというのに。でもそれこそ「ぼくらの」的な兼役天国になってくれるならそれは楽しみ。第一声で分かるようになってきたのが個人的には嬉しいなぁ。D.C.II(チバテレ)→みなみけ(テレ東)って同じ日に録画したのを見てたから、余計にあの台詞には吹いた。
 #02ではマコちゃんが立ったままなのに声を掛けた「小学校の職員」。低めのお声はやっぱえぇわ~とかいいつつ台詞ここだけですか?
 #03はドラマ「先生と二宮君」の続き。てことはこの劇中劇の主役なのか(^^; 「この青空に約束を- ~ようこそつぐみ寮へ~」#03のエドガーのお声に近いような気もする。「~ご期待ください」のナレはどうかな? 期間限定版DVDのおまけドラマCDに浅沼さんがおでましかどうかは不明。

 で、10/27のスタチャのメルマガ読者限定イベントに浅沼さんもお出ましとのこと。
 初期発表時にはお名前なかったものの、「みなみけ」と「D.C.II」の両方に出てるのって浅沼さんと茅原実里さんくらいだしと思ってたら、浅沼さんもお名前出ちゃいました。知った時点で対象外だったので行けないのが悔しいですよ(i_i) ただ他のイベントでも、他の人を目当てで行ったのに浅沼さんに好感持って帰ってきた、というれぽを散見するので、今回もそういうの希望ー。

げんしけん2
 くじアンつながりで網掛けてたら#01からおでましで良かったですよー。役名は「風祭ねこ」で、商業やってる同人作家。笹原(大山鎬則さん)と電話で喋ってるんだけれど案外長かったかなー。柔らかめの声音も良いけれど、喋り方に浅沼さんらしさがあるというか。あの息の入り方って何か好きだ(^^) でもこの会話ってゼーガのクロシオ先輩とキョウちゃんだったりするのは全然分からないというのがお二人とも役者ですねぇ。
 ネバGOの折に浅沼さんにお伺いしたところ、作品内のラジオドラマでの出番があるのだとか。DVDにつくドラマCDはあくまで「げんしけん2」のだからそれとは違うのかな。#02、#03は浅沼さんはお出ましでなくて残念でした。

 ここからは作品自体の個人的な感想。#01は非常に身近ながら限りなく遠い世界の物語だった。「誰も大して働かないのに300万という数字が動く」というのはありえない。1日で4桁の部数をさばく売り子。その現場で行列に対応する準備会。印刷して搬入する印刷所。その他もろもろ。皆きっちり動いてるんだよ。しかも屋内なのにアウトドアのつもりでサバイバルしながらなんだよ。プレスの「はたらくおぢさん」をちゃんと読めよ。完売したって赤な本を作るのは大人の趣味なんだよ。#02も冬コミ前の今の時期は身につまされる人も多かろうとは思うんだが、#03まで見ると初参加ならこんなものかとか。相変わらず遠い世界でもあるけれど「本作れて良かった」は真理だな。会場アナウンスがベルさん(本物)だったのには吹いたが横川さんはどちらで? 猫が犬になってて犬が懐かしくなった。にしてもあのOPは毎週だとさすがに痛いんじゃないか。

神霊狩/GHOST HOUND (星野道男)
 #01からお出ましでした。Aパート終盤、廊下で転校生の中嶋に絡まれてた子だと思うんですけれど。「んなこと知らん。他人に言わんね」って。だとすると、鞄抱いてる様子とかテンションは「ぼくらの」のキリエを思わせるのだけれど、声音自体は機嫌の悪いときのキョウちゃんを細くした感じ、かなぁ。主人公と同級生なので中2か。男子生徒Aとかじゃなくてちゃんと名前のついている役なんで、今後も出番はあるのかと。
 あとBパートの教室で、担任が太郎に声を掛ける直前の、太郎の後ろの席の子の「あ?」とかって声も浅沼さんに聞こえるんですが。
 #02で待ち時間は21分30秒と最長記録を更新。星野君は中嶋に過去の事件について話してたメガネっ子でした。ゲームに釣られて話をしたみたいですがまだネタはありそう。

 スクランブル枠の番組ですが、11/3の無料日に#01が放送されるそうです。10/27の東京国際映画祭では#01-03の有料上映あり。 映像もだけど音響効果が面白いんでこれは確かにTOHOシネマズ六本木で見てみたいなぁ。大スクリーンと5.1chで浅沼さんのお声を聞いてみたい。 ←つかその環境でゼーガが見たいよ。
 しかしムシウタが終わって2週目だというのに百足さんやら蝿さんやらをHD制作で見せられるのは勘弁してー(^^;

 ←07年初秋の浅沼晋太郎さん ◆ 07年秋の浅沼晋太郎さん

|

« bpm「ネバーランド☆A GO! GO!」つづき | トップページ | 是我痛:アルティールまたも再販 »

浅沼晋太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/16884336

この記事へのトラックバック一覧です: 07年10月の浅沼晋太郎さん:

« bpm「ネバーランド☆A GO! GO!」つづき | トップページ | 是我痛:アルティールまたも再販 »