« 07年11月の浅沼晋太郎さん | トップページ | 恐竜キング#39「恐竜大飯店」 »

2007.11.14

今日はGX@ファミリー劇場

 今日は水曜日だからファミリー劇場でGXの日。本日は第二話。
 DVD箱も見返してるけど放送されてたら見るのがお約束。
 第二話見ての感想など追記あり。

 今回のファミ劇での放送は週1なので本放送気分。第二話は「あなたに、力を…」。
 アバンタイトルで前回ラストのおさらいをしてくれるのはそういう視点ではありがたいし、クレジットの出方が映画っぽいのがやっぱり恰好良い。前回のおさらいだけでなく、2機のガンダムが一歩踏み出してカメラアイがきらーん☆ ってのもベタだけどこうでなくっちゃというもの。
 情報屋という存在は良かったねとか、あっさり退場が勿体無いヴェドバ・モルテのスラッシュバッファローなどの「俺ジェニス選手権」みたいなカスタムMSがわらわらっとGX襲ってくるのとか、AWの弱肉強食っぷりが出てるのが良い。結構凄いことを淡々と説明するナレの空気とかまたたまらん。
 GXは最初ビームサーベルを右肩上から抜こうとしたけど無理で、くるっと回して左腰下から抜くのって、設定にあるギミックをちゃんと使ってるのが高松信司らしい仕事で好印象。MGでプラモ出てほしいなぁ。
 で、サテライトキャノンを撃ってこれで何人死んだかな。生き延びられて良かったというガロードはこの時代の少年。でもティファの精神はあまりに無防備で……って、ティファの力でもこうなることは予見できなかったのか。
 そして予告だ! 「鮮やかにティファを奪回すると」とか「少年の純情は不屈だった」とかやっぱり良い! ナレが微妙に力入ったりしてるのも良いしね。

 DVD箱のオーディオコメンタリーが楽しくてつい聴き入っちゃうと手がお留守になるから、サントラを聴きまくり。つくづく名曲揃いだ。樋口康雄さんは凄いね。
 全39話でサントラ3枚、第3回録音分まで収録というのは音楽的に恵まれているよなぁと。ライナーも読み応えあるし。デザインかっちょえぇし。収録限界に挑戦してるし。でもそれでも未収録のMナンバーがあるんだけどな!
 ガロードとティファのキャラソンが各2曲あるんだけれど、発売当時から保刈久明さんの曲と新居昭乃さんの曲には狙い撃ちされてたよなーとか。やっぱえぇですのぅ。──いやさ、ゼーガもこのくらいやってくれたってさーって、レコード会社が違うって。

 同じ樋口康雄さんの「リーンの翼」のサントラが出てないのは何故ですか(i_i)

 ところでつい探したくなった「妖怪・原稿がすすまない」。
 そんなもの居るわけないじゃないか。
 でも好きすぎてダメだってこともあるんだよね。難しいなぁ。

機動新世紀ガンダムX web
トラックバック・ピープル:ガンダム!
カミラボ:機動新世紀ガンダムX 各話感想リスト

B000026WPG B00003CK5T B00005F65K
機動新世紀ガンダム X SIDE 1
樋口康雄 トム・キーン ROMANTIC MODE
キング 1999-03-05

by G-Tools
機動新世紀ガンダム X SIDE 2
TVサントラ
キング 1999-03-05

by G-Tools
機動新世紀ガンダム X SIDE 3
re-kiss かないみか 中瀬聡美
キング 1999-03-05

by G-Tools

|

« 07年11月の浅沼晋太郎さん | トップページ | 恐竜キング#39「恐竜大飯店」 »

機動新世紀ガンダムX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/17069753

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はGX@ファミリー劇場:

« 07年11月の浅沼晋太郎さん | トップページ | 恐竜キング#39「恐竜大飯店」 »