« ゼーガペイン北米版DVD3巻 | トップページ | 08年03月の浅沼晋太郎さん »

2008.03.15

初音島日記#18-19

 ラジオ ダ・カーポII~初音島日記~#18-19のホワイトデースペシャル、浅沼晋太郎さんスキー視点での感想。
 浅沼さんと南條さんはとにかくおつかれさまでしたということで、「ゲストが楽しかった」という人はスルー推奨。いやま、楽しかったのは楽しかったんですよ。

 何ともはや、初音島に春の嵐が吹き荒れた2週間でした。
 こういうのは好き好きだから、特にゲスト目当ての人は楽しかったのだろうとは思うのだけれど、普段の初音島日記が好きだと思っている自分は、来週からは普段の穏やかな初音島日記が戻ってくるのが嬉しいというのが偽らざる本音。更新分を聞き終えた後、思わず#16とか聞き直したくらい。このあっさりまったり風味が良いんだよって。

 #18開始直後に「ダ・カーポ的に相応しくない」会話になったところから眉をひそめたものですけれど。以前の初音島日記で、センスのない下方向の話題は好まないという旨の浅沼さんの発言もあったことだし。その時は女子がそういうことを言うのはね、という流れだったと思うけど、今回は南條さんという女子がその種の話題に無理矢理巻き込まれたので、浅沼さんが受けて立つ方に回ったんだよね。#19の終わり際の発言は案外本音なんじゃないのかと思えたりもする。
 男の中に女が一人という場面は自分も経験が多いから南條さんには同情する。南條さんにとってこれは仕事だったので、「楽しかったですよ」と言うのは社交辞令であっても、充分セクハラとして成立するような。D.C.IIの原作が元々アレだったとしても、ラジオはアニメ版からの展開だから、「中学生も聴いてるんだ」という前提で展開している普段の初音島日記の節度が心地良かったんだ。いやこれが、普段からこーゆーのだったらリスナーが聴くかどうかを選択すれば良いだけの話で、普段がそうじゃないからこそ、この違和感がいただけなかったんだ。いつもセクハラ発言してる人だと分かっていればそれはそれで苦にならないのは実体験してる。初音島日記は突然この事態だったから面食らったのであって。
 #18の胸キュンフレーズの2回目で(普段は1回目にも入る)「あまりえっちなのは駄目です」のお約束が番組終盤でようやく出て「えー」となった訳だけれど、だったら2週目はそれを受けて仕切り直してくれるのかと思ったらそうはならないし。本人はそれを面白いと思ってやっているのだろうし本人のファンはそれが楽しいのかも知れないけれどさ、あれだけ浅沼さんが止めてるのに、我を張ったごり押しを続けるのは大人のすることじゃない。相談室とか胸キュンフレーズとか「ごめんね」って言ってたのも浅沼さんの良心の故だと思うよ。リスナーが普段の番組に期待してることを裏切ったようなものだからね。

 以下小ネタ。

公式サイトのキャラ紹介は義之すらありません。主人公なのに。人間的に駄目だとも自分は思わないんだけれどなぁ。
●アドリブというのは、与えられた尺内で周囲の芝居に合わせてやるものでしょ。別録でスタッフの負担を増やすのはスタッフが面白がっていてもプロがすべきことじゃないし、掛け合いにならないのなら居ても居なくても同じことになる。キャラに名前がないのは、そのキャラが立っているのでなくて既に本人扱いになってるってことに思える。まぁそれはそれで個性なんだろうとは思うけれどもさ。
●浅沼さんの方言萌えるわー。東北の人は自分の母語をおいといて標準アクセントを覚えないといけないから、他の方言の応用が利くんだろうな。
●流派東方不敗は「馬鹿弟子」だ。ドラゴンガンダムのガンダムファイターの前で間違えるなよ。にしても浅沼さんアムロの真似上手いよなー。
●「ワン・ダバダは俺!」って、検索してやっとネタが分かった。自分が過去にやった役名だと言っても良かったのに。とはいえ役名を「高木」と間違えるのもどうかと思ったが(^^; ラットルがチータスになってどーするよと思う自分はビーストウォーズメタルスが大好きです。 ──って、さりげなーくアニメ版キャストでゲームの録音したってバレが来た方がここは重要だったんだが。主人公はどうなってるんだ主人公は。
●「僕達のAnniversary」といえばネオロマだが、ネオロマンス・フェスタ6の脚本は浅沼晋太郎さんなので実は全く無関係ではなかったりする。


 浅沼さんの公式blogの更新が途絶えてる理由の一つは、この収録で落ち込んでしまわれたのではないのかとか案じてしまったり。ムシウタ6巻のフリートークでの四面楚歌も大変そうでしたけれど、今回の方が体力消耗してたようですしね。進行頑張ってらしたのはリスナーはちゃんと分かってますから。お忙しいのだろうとは思いますけれど、落ち着かれたら浮上してくださいね。DJCDも楽しみ(^^)

 とかって自分もすっかり寝倒してますが生存表明がてら(_o_)

B0014IMRNKDJCD WEBラジオ D.C.II 初音島日記 第1巻
ラジオ・サントラ
King Records =music= 2008-04-23

by G-Tools

|

« ゼーガペイン北米版DVD3巻 | トップページ | 08年03月の浅沼晋太郎さん »

浅沼晋太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/40511004

この記事へのトラックバック一覧です: 初音島日記#18-19:

« ゼーガペイン北米版DVD3巻 | トップページ | 08年03月の浅沼晋太郎さん »