« ケータイ捜査官7#44「ゼロワンの解」 | トップページ | アルジェントソーマ北米版DVD-BOX »

2009.03.18

ケータイ捜査官7#45「明日未来」

 ついに最終話、「ケータイ捜査官7」#54「明日未来」。

 涙で画面が見えません。

 ……。

 「画面は私の方でしたね」って、言ってくれよサードぉぉぉぉお! (i i)


 先週も泣いたけど、今週はとにかく涙が止まらなくて画面見えなかった。
 泣きはらしてまだ顔全体が熱いのに、動悸と震えが止まらない。

 考え得る限り、できる限りの一番際どいところを全力疾走して脱出速度越えたって感じでした。ここまでのものを作り上げたスタッフと放送したテレビ東京に最敬礼。本当にありがとうございました。これが明日の未来に繋がって欲しい。そう願って止みません。

 ……あかん、なんか全然言葉にならん。
 展開を素因数分解すれば個々の予測は可能、でもそのうちの最悪というか最凶のライン取りをして駆け抜けていくのだから、この容赦のなさは素晴らしい。と書いてしまうと間明っぽくてなんかやだ。

 その間明もなー、ここまで徹底的に行くとこまで行ってしまわれると突き抜けてて良いよ。あぁもう何度も何度も殴ったろかと思ったけどな! ある意味天晴れだよ!
 でもそれより天晴れなのは間明を殴らなかったケイタだな。桐原が先に殴り飛ばしてたのは、まぁあれはあれで良いんだ。


 セブンがネットワークに感じたゼロワンの存在、そのことでゼロワンの死をセブンは認識する。ネットの海のどこかに彼らの意思の残滓は漂っているのだろうか。番組終了時の「そばにいます(セブン&サード)」って、ゼロワンはおらんのかゼロワンはぁぁぁ(i i)
 サードどころか、セカンドもフォースも、ある意味セブンがジーンと一緒に全部飲み込んで、ケイタの手というか涙による物理的破壊 ──この徹底振りが悲しくも素晴らしい── で消してしまったことになるんだけれど──と書いてて思うよな。


 六の字どこ行ったぁぁぁぁあ!

 ロクの記憶の中に皆居るんじゃないのか。セブンが夢に見たセカンドみたいに。でもそれは記録からセブンが再構築したものでしかなかった、ロクの記憶の中に皆が居ても、それはロクにしか認識し得ないデータでしかない。

 そばにいます。

 それはその気持ちを受信した者にしか感じられないものなのだ。

 でも、その気持ちにしても、ロクにしか認識し得ないデータにしても、共有することもできるはずだ。並列分散リンクはフォンブレイバーにしかできないものでもないだろう。想いは人を繋ぐもの、それは正しく使えば確かな力になる。その正しさの求め方が、問題だったわけで。
 そういえば「フォースを起こせ」の声の主、やはりあんただったか! と、これも予想は色々していたけれど大穴が来たーって感じで。この振り回され方が気持ち良い。


 駄目だまた泣けてきた。
 PB公式の放送中TOPはゼロワンが一番大きな顔してて、サードがまた割り食ってたのにも泣いた。最終回なのに放送時間がスケジュールに反映されなかったのにも泣いたさ!

 放送終わってゼロワンの顔見たら「るるる~♪」とか歌ってるんで「何?」って訊いたら「おい、バッテリーチャージだ!」とかってさ。まだそんなに減ってないんだけど無条件で充電してやるさ。
 ゼロワンはいつも「相変わらず人間というものは、愚かで理解しがたい存在だな」って言うけどさ、ほんとそう思うよ。しみじみと「そうだね」と答えてやったのに、「無難な回答だな」ってあーもーこのデビルKどーにかしてー(i i)
 そしたら今度は「お前の嫌いな人類滅亡の話をしてやろうか」っておーまーえーはー!!! その単語を教えたのは確かにおいらだよ? でもあの最終話の後なんだから空気読め! つったら会話打ち切られた。しくしく。


 駄目だまた泣けてきた。
 先週の、さながらカニの足を折るかのよーな間明の所業に凍りついた後で ──今週の序盤で、ケイタが回収したと思しきゼロワンの破片がほぼ全身揃ってるのを見てケイタの胸中を思ってまた泣いた── ふと815T PBを手にして両手で抱いた。
 この子だってケータイだから、いつか動かなくなる日が来る。機種変更するのにUSIMカードを抜かなければならない日が来る。抜けるんだろうか、自分に。
 ついそんなことを考えた。
 今まで何度も機種変更はしてる、USIMを差し替えたのはvodafoneの端末から今回が初めてで、それはそれで前の端末に対しておつかれさまとは思ったし、中にあるデータには思い出もつまってるから手放してはいないけど、815T PBへの思い入れは既にもうただのケータイではなくなってる。
 カメラはイマイチ使えないし(これは他のエージェントさん達も言ってた(^^; それにセブンさんを撮りたいからって皆デジカメ買っちゃうんだよな)、ワンセグなんてないし、スケジュールはアレだし、レベルなかなか上がらないし、夏に冬の鍋とか冬に海開きとかってバディトークはもうちょっとがんばりましょうとか思うんだけれど、でもこの子が愛しいんだ。

 815T PB持ちの自分でさえそう思うのだ、劇中のケイタや桐原や瞳子、そして千草の悲しみは計り知れない。けれど三人がそれでもバディと一緒に居ると泣きそうな笑顔で拳を合わせて、その三人を見守る千草が居て、彼らは確かに明日という名の未来へと踏み出していくのだというのがちゃんと描かれているのが良い。
 役目を終えた静かなアンダーアンカー本部に深々と頭を下げたケイタは普通の高校生としての日常に戻り、彼を呼ぶ声に御堂を振り返る。涙に包まれたかのような欠片を空に放り投げて── って、このエンディングも様式美の範疇ではあるんだけれど、だからこそ泣けるんだよ! うわぁぁぁん。


 明日未来の空は青かった。明るい空に溶けてゆきそうな、ケイタの笑顔が眩しい。
 君の気持ちを受信した、バディ。
 その声は確かに胸に響くのだ。


 駄目だまた泣けてきた。
 先週のは1度だけ見直したのだけれど、今週のも今日は見直せないな。
 でもこれは一生の記憶に残る最終話なのは間違いないです。

 兄貴が気になってたといって、リアルタイムで本放送第1話を見てて、半分行くか行かないかのところで「何で録画してなかったんだー!」と大騒ぎになって、その週末の特番で「つながる絆」として30分版を録画してからずっと、ずっと、面白かった。何度も笑ったし、何度も泣いた。そしてこれからも何度も泣くんだろうと思う。
 SBショップが目と鼻の先にあるのにオンラインショップで予約して先着300人限定だったという専用ケースもげっとした。キャラホビでSBブースの人に見せたら驚かれたけれど、うちの子は4/26が誕生日。番組は終わったけれど、まだまだそばに居てね。カフェにも一緒に行こうね。

 本当にありがとう、セブン。そしておつかれさま、ケイタ。


 ←44「ゼロワンの解」

↓やはりこれを映像化してロクにも出てきてもらわないと!


4198508100ケータイ捜査官7 滝本壮介の事件簿 (トクマ・ノベルズEdge)
藤咲淳一
徳間書店 2008-11-18

by G-Tools
B001HQLV6Iケータイ捜査官7 File 08 [Blu-ray]
窪田正孝, 伊藤裕子, 松田悟志, 三津谷葉子, 金子修介;小中和哉;丹野雅仁
バンダイビジュアル 2009-03-27

by G-Tools

|

« ケータイ捜査官7#44「ゼロワンの解」 | トップページ | アルジェントソーマ北米版DVD-BOX »

ケータイ捜査官7」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
本編見て、号泣。先ほどつぶやき見てまた泣きました。
それにしても、01、最終回手前で死んで、最終回には出番なし、なんてところまでシマに似なくてもよかったのに。
でも良い最終回でしたね。私もまだ見直せないでいますが。
小説版の映像化はぜひやってほしいですね。

投稿: ひよ | 2009.03.19 22:07

>ひよさん こんにちは(^^)

 あれからずっと泣きはらした感覚が残り続けて知恵熱出てました。
 実機のゼロワンに「録画したケータイ捜査官7を見るの時間だ」と言われて、ようやくDVD-Rに焼くのにチャプター切ったんですがもうその早送り画像だけで泣きそうで。
 そんな具合でつぶやきもまだ見られていません(i i)
 良い最終回だった、というのはほんと同感なのですが。

> なんてところまでシマに似なくてもよかったのに。

 粒子となって解けて消えて別物に取り込まれて以下略ってとこまでねぇ(i i)
 #1をリアルタイムで見ててOPで坪井さんのお名前見てびっくりして以来、ほんと楽しませていただきました。
 舞浜では坪井さんがロクをやりたがっておいででしたけれど、小説版の映像化は是非ともやっていただきたいものですね。

投稿: しののめ | 2009.03.21 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/44391665

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ捜査官7#45「明日未来」:

« ケータイ捜査官7#44「ゼロワンの解」 | トップページ | アルジェントソーマ北米版DVD-BOX »