« ケータイ捜査官7#45「明日未来」 | トップページ | ゼーガペイン小説版 6/19発売 »

2009.04.09

アルジェントソーマ北米版DVD-BOX

 本日の50年後はマキちゃんが……とゆことで、ようやくアルジェントソーマ北米版DVDのれびゅーなど。同じ片山一良監督のTHE ビッグオーと同様に英語がはまる作りだし、Mr.Xのシェイクスピアの引用は英語で聞きたかったので、日本版を持っていても北米版を買う価値は十二分にありました。
 もう何度も見てるのに、英語で見ていても涙が溢れてくる。アルジェントソーマは切なさ全開の物語です。ううっ(i_i)

 北米版trailerで英語かっちょえーなぁと思っていてずーっと欲しかったんだけれど、色々手をこまねいている間に普及版箱(Anime Legends Complete Collection)で安くなってくれて良かった。
DVD Fantasiumで15%引き。送料込みの値段でも日本版の定価では1枚相当。

●箱
 普及版箱は全6枚。これは北米版当初の単品と同じ配分。それを普通のトールケース2枚分相当の1箱に収めているので場所を取らないのは実に日本向き。日本版全13巻2箱と並べると何だか涙が出そうです。

 箱の表はタイトルのみ。単品→箱→普及版箱と3回目のリリースだからかなぁ。裏の絵(場面写)で、主人公のはずのリウよりMr.Xの顔の方が大きいのには吹いた。
 肝心の中身について。元のジャケットのイラストをピクチャーレーベルにしてるのだけれど(スーとイネスとユーリ/フランクが居らんが)、1・3枚目とそれ以外で印刷の画質が全然違うのが気になり。よく見るとお皿のナンバーが、絵が荒い1・3枚目が2000番台、それ以外が80000番台。何か以前のリリース形態での在庫を回して価格を下げてるんじゃないかと邪推したりもするが(でも前のもまだ売ってるんだよな)、お皿の内容には問題なさそう。

●メニューとか
 メインメニューを開くと、サントラの「fragile memory」の中間部(Cメロ?)を一小節くらい流したところで(映像に合わせて)モニタの画面がパリンと割れて散らばって、BGMを「悲しき力」の前半に替えてモニタの破片の一部に本編映像が流れていく(静止画の破片もあり)という日本版よりも凝った画面。メニューのサムネイルに動画を使うのはよく見るけれど、破片という歪な枠の中に流すのは自分では初めて見た。「作品を分かってるねー」という兄貴に同意。

 Episodes を開くと、破片が中央に集まって、BGMは「悲しき力」の中間→後半に変更。あー分かってるなー。格好良いもんなーこれ。破片に映る絵はやはり動画と静止画を話数によって変えてる。ただし話数は "Episode" 表記で本来の "Phase" ではない。ってこれはゼーガペイン北米版でも同様。

 SET UPは破片がまた集まって1枚絵に(でも割れたまま)、BGMは「Profiling」。

 Extra を開くと、破片が落下して1枚絵に。BGMは「夢、朽ち果てて」。絵はお皿ごとに変わってて楽しい。Credit は「fragile memory」の中間部→後半に1枚絵で北米版スタッフの表示。各話のクレジットはOPの分もEDにまとめてるので、文字が多くてちょっと鬱陶しい感じ。日本語の各話EDクレジットは削除されていて、その回の担当スタッフ/ゲストキャストは分からなくなっているのもいただけないし。このあたりはゼーガでのまとめ方が好きかな。

 Tech / Personnel Files は設定画と英文解説。以前北米版公式にあったのと同じかな? 大学の美術設定なんて日本版の解説にも載ってなくて初めて見たものがあるぞ(^^; 紙のおまけがない分こういうのがあるのはありがたい。ゼーガもちょろーっとあるにはあるんだけれど。

 Japanese Trailer(他作品の紹介)の画面もいちいち遊んでるのが楽しい(3枚目とか)。

●英語音声
 兄貴によると、Mr.Xとダンとギネビアとイネスはイギリス英語で、他の面々はアメリカ英語。ちゃんと設定を踏まえて発音を分けてくれているのが嬉しい。ただ日本語に合わせて表示される字幕はアメリカ英語なのでちょっと混乱するとか。

 英語の声はまぁ合ってるのかな。ギネビアの声がかなり低いけど格好良い。イネスは紗ゆりさんの方が低く感じる場面もあるけれど全体的に良い感じの低さ。マキちゃんも感じ良いんだけれどハティは別の人がやってます。スーちゃんが何かアニメ声かなぁ。
 マイケルは中田譲治さんとは印象異なるけれど米語は米語ではまってる。リウもまぁ悪くないけど、保志さんの方が低めの演技ははまってるかな。ていうか、保志さんはタクトとリウの声音や演技を使い分けてるんだけれど、英語だとそれほど差が感じられないかなぁ。ただPhase:24でのフランクへの最後の絶叫は却って英語の方が良いかなとも。日本語ではどうしても 「クッ」 と発音してしまう最後の [k] の発音を英語は上手く逃がしてる印象。
 Phase:EXのEDのアレもちゃんとやっていて(スーの個人年譜も英訳版が後で流れる)、いけいけ子安な日本版も面白かったけれど、イギリス英語でまくし立てるダンもなかなかに面白い。

 これって日本語から? と兄貴に言われたのが、Phase:04での電話のトーン音。実際アメリカの電話はこんな音だそうだが、日本語でもこういう音でした。同話でのスーが持ってる "Chips Ahoy!" とか、リウの台詞の「TV(ティーヴィー)で」とか、元からアメリカの空気を持ち込んであるんですよね。だから英語がはまるのは当然。

 んで、何といってもMr.Xのシェイクスピアですよ。竹村さんの日本語も格好良いんだけれど、やはりシェイクスピアは韻文なので英語が格好良いなと。例えば、Phase:22での「真夏の夜の夢」からの引用の

Be as thou wast wont to be;
See as thou wast wont to see:
Dian's bud o'er Cupid's flower
Hath such force and blessed power.
(A Midsummer Night's Dream Act 4, Scene 1 ; OBERON)

 なんて、歌うように韻を踏む台詞回しの心地良いこと!

 ただここの台詞は字幕もシェイクスピアの原文通りだったものの、他の箇所だと、シェイクスピアの原文を日本語訳したものを更に英訳していたりして、原文そのままと思われる英語音声と違う表現になっていたりも。本来は日本語音声用の英語字幕だからこうなるのは仕方ないんだけれど。

 そういえば「素晴らしき我が家へ」の歌詞は "a wonderful world" での英語の歌詞とは違う全くのオリジナル。日本語の直訳でもない。不思議だ。英語字幕と英語音声で微妙に違うのも気になる。
 で、ゼーガの時も兄貴が言ってたのだけれど、OP/EDの歌詞の英訳もちゃんと歌えるように作ってあるよ、と。直訳だと音が合わないところは単語を増やしてあるのだとか。

●日本版との違いとか
 何しろ箱なんでまとめて見てしまったので、ゼーガみたく各話でどこが日本語と違ってた、という詳細はパス。全体的に見てゼーガほどは日本語との違和感を感じずに済んだと思うのはやはり元々翻訳調だからか。
 でも違うところはあったし、リウの定番台詞「黙ってちゃわからないだろ」は、字幕はそのままだけど英語音声では「何か言えよ」になってるのは、英語的なロジックだなぁと。日本語では「フランク」なのに "EX-1" になってる箇所は何でよとか思うし(名前で呼ぶところで距離感を演出するのは海外ドラマでも定石なのに)。あとなー、Phase:25でイネスがマイケルを日本語では「キャプテン」と呼ぶ場面、旧来の呼び方と船長(Captain)を掛けてるところなのに、英語音声では替えられてしまっていたのが残念。ノグチ博士をどう呼ぶかってとことかもね。

 違ってて面白い! というところも勿論あり。Phase:18でのギネビアの「貴方が私の、死神」というのが、"angel of death" になってるのは却ってこの方が作品に合ってるのかなとか。このあたりの一連のやり取りも、日本語の直訳ではなくて英語的な言い回しに直してるのはそれはそれで面白い。
 元の日本語はあくまで「翻訳調」なんだなと思うのは、バタくさい台詞ほど直訳にはなっていないなぁというあたり。THE ビッグオーだと結構ストレートだったような印象があるので見直したいなぁ。

 ただ今回アルジェントソーマを見直してて、案外台詞少ないんだなぁと思ったり。富野アニメの3分の2くらいしかないんじゃない? という印象がってそれは言いすぎか。結構絵(と音楽)で見せてる部分が長いのは、片山一良がアニメーター出身の監督だからかな。なのに印象的な台詞が多いのは脚本が良いんだよな。うん。

 ←ゼーガペイン北米版DVD告知 アルジェントソーマ北米版DVDの価格とか

BEI 英語版各話タイトルリストとか
トラックバック・ピープル:ロボットアニメ
カミラボ:アルジェントソーマ

↓こちらは最初に出た方の箱。


B0002YLDIWArgentosoma - Complete Collection
Argentosoma
Bandai 2004-11-09

by G-Tools
B000FJH4Z0Argentosoma: Anime Legends Complete Collection
Hiroyuki Birukawa Keiichi Matsumura
Bandai 2006-08-22

by G-Tools

|

« ケータイ捜査官7#45「明日未来」 | トップページ | ゼーガペイン小説版 6/19発売 »

アルジェントソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/44614045

この記事へのトラックバック一覧です: アルジェントソーマ北米版DVD-BOX:

« ケータイ捜査官7#45「明日未来」 | トップページ | ゼーガペイン小説版 6/19発売 »