« 是我痛:ロケ地ツアー浦安編4 | トップページ | 是我痛BD化作戦:作戦継続中 »

2009.10.10

ゼーガペイン聖地巡礼マップ

 千葉県民推奨アニメ「ゼーガペイン」の聖地巡礼(ロケ地ツアー)のGoogleマップを作ってみました。今後もっと見やすいように編集しようとは思っていますが、とりあえずのご参考になれば幸いです。

ゼーガペイン聖地巡礼マップ - Google マップ 【1105.09追記】 冊子版PDF


より大きな地図で ゼーガペイン聖地巡礼マップ を表示

【追記】 舞浜駅起点で順序変更、若干ポイント追加しました。コメント多謝です(^^) (09.10.20)

 この機会にカテゴリも「ゼーガペイン聖地巡礼」で独立させました。記事は投稿順に並びますが、以下にエリア別のインデックスを付しておきます。

●浦安市 (劇中の舞浜市)
浦安編 / 浦安編2 / 浦安編3 / 再訪編 / 浦安編4 / 舞浜編 / 舞浜編2 / 新浦安編 ★New!

●千葉市・葛西 (劇中の舞浜市)
千葉駅前編 / 葛西・千葉編 / 葛西編2

●洲崎 (最終回の灯台付近)
ゼーガペイン#26 灯台を探せ・2 / 洲崎編

●浅草 (ドラマCD ep3)
浅草編 / 浅草編2

●その他関連記事
舞浜南高校ではありません / 東京大停電と舞浜大橋と


 先の舞浜ツアーの折に「アニメの聖地巡礼はここ最近多くなった」という話が出て、それでようやく気付いたことが。

 アニメの場合は舞台を現存する都市に具体的に設定して、背景美術も忠実に再現する作品が増えたのが最近なのかということ。そしてその場所を「聖地」として巡礼するから「聖地巡礼」と呼ばれるのだと。
 勿論、ダンバインの吉祥寺や新宿みたいな例もあるから昔からあることではあるのだけれど。自分でもGガンで師匠が出てきた翌日に新宿でオフがあったおかげで、当初の予定のカラオケに行く前から皆で「終わったら都庁ですよね!」とそわそわしてて、後日には東京タワーにまで登ったし。友人は香港のランタオ島まで行ってたし。

 ただ自分は昔から特撮の「ロケ地ツアー」を知っていたので、その感覚でゼーガでも「ロケ地ツアー」と書いてしまっていたんだけれど、当世のアニメファン向けには「聖地巡礼」の方が通りが良いのだなと。

 もっと一般的な用語としては「舞台探訪」というのがあって、これもほんと昔々から小説やドラマや映画、果ては時代劇などで行われているもの。なので「舞台となった場所を訪ねる」こと自体は当たり前のこと。

 ゼーガの舞浜市は架空の都市なので、劇中とそっくり同じ風景が全て現存する訳ではなく。敢えて少し違えて描かれるというのも手法としては分かる。千葉市の風景はかなりそのままだけれど、あれは現実の舞浜にあるものではなくて。

 だからこそ、本当に劇中そのままの風景が目の前に現れるのが洲崎灯台だけだというのは、それが劇中で最後になって描かれた「キョウがようやく触れられた本物の世界」だということを思い起こせば感慨深く。

 まぁそんなこと言い出したら#18のオーストラリアとかどーするよということになるんだけどさ(^^; 『忘却の女王』の白い教会とか……行ってみたいけど簡単には行けないよなぁ。でもそこへ行くために頑張るというのも一つの手だし、なら行ける範囲は行ってやる! というのも一つの手かと。


 ということで、ゼーガスキーの方は是非とも足を運んでみてください(^^)/
 人の居ない風景を目にすると覚醒した気になれますよん。 ←それはいいから


トラックバック・ピープル:ゼーガペイン
カミラボ:ゼーガペイン 各話感想リスト

|

« 是我痛:ロケ地ツアー浦安編4 | トップページ | 是我痛BD化作戦:作戦継続中 »

ゼーガペイン聖地巡礼」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、新来労(しんきろう)といいます。
※もしかして、同じ内容をコメントしていた場合はすみません。

ゼーガペインを今年(2010年)に入ってから初めてその存在を知り、今、どっぷりと
ハマッてしまったものです。
と、いうのも劇中にでてくる舞浜サーバに住んでいるのもあるのですが、作品のシナリオや世界観、キャラクター達が自分の三味線に触れたのが大きいです。

別作品で聖地巡礼をしていたため、自分の身の回りにあるセーガ聖地を探していたところ
こちらのブログに行き当たりました。

私のHPからこちらのサイトにリンクを張らせていただいてもよろしいでしょうか。

本来ならコメント欄に記載する内容ではないのでしょうが、よろしくお願いします。

新来労

投稿: 新来労 | 2010.09.28 23:19

>新来労さん はじめまして。
 ご丁寧にありがとうございます。
 今年になってゼーガを見てくださったとのこと、嬉しいものです。
 舞浜にお住まいであればそれこそ見慣れた風景が出てくるもので、
その上で物語がお心に響いたのであれば尚のこと印象深いものに
なったものでしょう。
#琴線でなく三味線に触れるとはさては前世は猫ですか;-)

 リンクはどうぞご自由になさってくださいませ。
 舞浜の方ならではの聖地巡礼記も拝見いたしますね。

 当方の聖地巡礼マップでは浦安市以外にも行っておりますので、
またそちらも巡ってみていただければと思います。
 遅くなりまして申し訳ありませんでした。

投稿: しののめ | 2010.10.10 15:29

しののめ様

リンク了承いただきまして、ありがとうございます。

早速、次回更新時にリンクを張らせていただきます!

また、私のホームページ掲示板にも、
ご連絡の書き込み、および閲覧いただきありがとうございます‼

※キョウちゃんでも、別棟へのリンゴ投げは無理ですね(^_^;)
まさか、同じ棟だったとは…。

しののめ様の聖地巡礼MAPを参考に、また聖地をまわってみます。

ありがとうございます‼


新来労

投稿: 新来労 | 2010.10.12 13:55

>新来労さん
 ご丁寧にリンクありがとうございます。

 自分でもつい先日また新浦安を回ってきましたが、
訪れる毎に違うものが見られるのは興味深いなと思います。
 浦安南高校前の空き地はもうじきなくなってしまいますが、
「作り物の世界の端へ行ってはじめて本物の海に会える」と
いう非常にゼーガらしい場所ですので是非行ってみてください。

 キョウとリョーコの家が別の棟だと思ってしまうのもやむなしとは思いますが、
#1で電話をしている二人をロングで映すカットで
吹き抜けを挟んだ角と角の住居だと分かりやすいと思います。
 またどうぞご確認くださいませ。

投稿: しののめ | 2010.10.19 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/46448342

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペイン聖地巡礼マップ:

« 是我痛:ロケ地ツアー浦安編4 | トップページ | 是我痛BD化作戦:作戦継続中 »