« ゼーガBD:舞浜7/4@B-ch (-7/23) | トップページ | GX第二十七話「おさらばで御座います」 »

2010.07.14

あなたの力でBD化プロジェクト第3弾

 BDA「あなたの力でBD化プロジェクト」第3弾の告知がありました。第1弾の「true tears」、第2弾の「ゼーガペイン」に続き、ファンの力でのBD化は実現するのでしょうか。過去2回は<アニメ編>でしたが、今回は実写も含めたものになっています。投票についての詳細は随時公表とのこと。

熱い夏が帰ってくる! o(^^o)(o^^)oワクワク|ブルーレイディスクの小部屋

■エントリー作品 栗林みな実 『1st Tour 2007 fantastic arrow LIVE』 Xmasの奇蹟 夏の秘密 NHKスペシャル 映像の世紀 ハートキャッチプリキュア BRIGADOONまりんとメラン 空の境界 魔法少女リリカルなのは とらドラ! マイマイ新子と千年の魔法 ARIA あにゃまる探偵きるみんずぅ 出ましたっ!パワパフガールズZ スケッチブック~full color’s~ 君が望む永遠

 BD化プロジェクトの意義やエントリ作品の決定については是非とも小部屋の記事をじっくりとご覧くださいませ。投票を戦った作品が、BD化プロジェクトとしての直接交渉はなかったものの、いくつもBD化が実現しています。それはプロジェクトを通じて、或いはそれ以外での支持の広まりがあればこそのものだと思います。おめでとうございます(^^)

#いーよなー、一般販売できて。と単純に羨ましくもありますが(^x^;


 さて第3弾。 BDAの常設投票 で票数多かったはずの作品がない? と思ったりもしたのですが、

BD化要望コーナーに投票してくれた作品の中から、ユニークユーザーが多い作品。 今回はアニメ以外の分野でもピックアップしています。

 ということで、広く支持を集めている、そしてその支持が広げられそうな=商品として成立する可能性が感じられる作品がエントリなったということなのでしょう。

 第1弾ではエントリ作品公募での投票から、第2弾では常設投票の上位15位がエントリされたので、次第に厳しい基準でのエントリ選択になってきたということだと思います。ABIさんは度々「ボランティア」だとつぶやかれておいでなので、注力するには相応の現実味がないと。ということなのかと思います。一見票数が多く見えても支持する人が少ないものは対象外だと。

 ということで、今回のエントリに至った作品を応援してこられた皆さんは、肝を据えて応援していただきたいなと思います。ゼーガで2度投票に参加した実感から申し上げると、これはただの人気投票ではありません。自分達の愛する作品をより広く知ってもらう機会であり、商品価値があるのだと企業に納得してもらうだけの説得力を見せなくてはならないものです。一筋縄ではいきませんが、皆で応援すれば結果は出せるものです。


 出遅れている間にABIさんの2本目。

BD化プロジェクト (゚ー゚*?)オヨ? |ブルーレイディスクの小部屋

 こちらで取り上げられている意見で;

正直この企画で、BD化されると購入方法が特殊、割引がないため割高、ごく短期間しか 購入出来ないなどとマイナスの面も多いです。

もちろんBD化されないよりも良いと思いますが、焦ってBD化するより市場の拡大、アプコン技術の向上、製作コストダウンを待ったほうが良いように思います。

それでもBD化されない場合に、こうした企画でBD化実現させてく方が素晴らしいんじゃないかと。

 ttやゼーガの場合、「それまで待てない!」というファンの声が集まってしまったので、「受注限定生産なら出してもいいよ。その代わり2000件予約入金集めておいで」という条件を提示されて、それにファンの側が応えてBD化が決定しました。入金には応じたものの、受注限定生産であることを残念に思うファンは沢山居ます。ゼーガに関していえば自分は今でも悔しい思いをしています。

 ただ逆に言えば、「待つが勝ち」と思うのなら自分が好きな作品がエントリしても投票しなければ良いのですし、BDAの企画ではなく自分達で交渉する勢いで署名運動でも何でもすればいいのではないのかと。人気作で「放っておけば出るだろう」と思われる作品なら尚のこと、独自路線を歩んだ方が成功するかもしれません。それでもBDAの企画で票を集めてしまったとしても、必ず受注限定生産になるとは限りません。それは企業側が判断することだと思います。

 要は本気で今、その作品のBDが欲しいのか。今でなくてはならないのかどうか。
 それを考えた上で応援するかどうかを決めれば良いのだと思います。

 ゼーガの場合も、今すぐでなくても良い、というより今すぐなんて無理だ。という空気がありました。ただ2回目の投票が始まるにあたり、折角夏の投票で盛り上がった勢いを殺してはならない、駄目元でやってみればゼーガを見てくれるひとも増えるかもしれない。そういう気持ちで始めたように思います。夏と冬の投票の間は常設投票や 再放送要望作戦 で繋ぎつつ。知名度を上げるのが先で、BD化なんて夢のまた夢だよねと。ただ先達のttの予約入金支援もあるからそれはやらなきゃと。

 そうしたらまさかの1位を勝ち取ってしまって、半年後にはBD化が動き出しました。ただその間も何もしなかったのではなく、JOYSOUNDへのリクエストや再放送要望、ROBOT魂の応援など、自分達にできることはしてきました。BD化プロジェクトで1位になっただけでBD化されたということではありません。それはゼーガを取り巻く関係者の発言からもうかがえます。

 何度も言いますがBD化は『早すぎる!』という思いはまだあるのですが、それでも4年前の作品にこうした熱気が溢れてくれているのは本当に嬉しいものです。もし半年遅れていたら、この熱は冷めてしまっていたかもしれない。そうしたらゼーガは本気で埋もれてしまったかもしれない。放送された番組がどんどん消費され忘れられていく現代にあって、或いはこれはギリギリのタイミングであったのかもしれません。そう思えば感謝することしきりです。

 人気も実力もあるのだから数年経ってもファンの熱は冷めない。そういう自信があるのであれば静観する方が得策かもしれません。そうした作品が今BD化されないのは企業側にもそれ相応の事情があるのでしょうし。ですが、旬を過ぎて忘れられていく一方の作品を応援したいのであれば、この機を逃さないで欲しいとも思うのです。BD化に見合う作品なのかどうか、その判断がなされないまでも、別の道が開けるかも知れません。そうした可能性も探って欲しいなと思います。


 このABIさんの2本目で、ZEGAZEGAさんの「ゼーガペインBD化応援サイト」が紹介されています。分かりやすい看板を掲げた「本陣」があったことが勝因だろうとの判断は正しいと思います。ぜがさんのサイトなくしてゼーガのBD化はなかったものでしょう。

#自分のサイトが役に立たなかったからこそ、ぜがさんがカッとなってサイト作ってくださったんだなーと思うと改めて申し訳ないしありがたい限りです。ぜがさんほんとにありがとう(_o_)


 今回のエントリ作品を応援しているサイトがあれば小部屋で紹介します、と書かれているのは、別段、ABIさんが特定の作品に肩入れしたいということではないと思います。小部屋経由での告知効果を最大限に利用して、応援に使って欲しい。「あなたの力」になりますよ、ということなのだろうと自分には思えます。なので専用のblogを立ち上げるのでも充分だと思いますので、きっちり看板を出して応援して欲しいなと思います。個々の力は小さくても、集まれば確実に大きなものになりますので!

 で、今回どの作品応援するんですかと問われて、「BD化したら良いなと思うのは『映像の世紀』、応援したいなと思うのは『Xmasの奇蹟』」と答えたのは、ぶっちゃけこの2本しか見たことがないからですが(^x^;

 第3弾の告知を受けて、NHKスペシャル「映像の世紀」を推す声が多いなと思うのはやはりそれだけ良いものと認識されているからだと思います。でもこれはNHKが自力でBD化すべきだろうとも思うので、上にうにゃうにゃ書いたことからすれば静観したいなーという作品。


 対して「Xmasの奇蹟」はといえば、「夏の秘密」同様にDVD化すらされていない東海テレビの昼ドラです。こちらがエントリしている経緯を辿ってみると;

 BDAの3月の投票 「別れのシーンが印象的なBD作品」 のエントリ公募に自分(ときっと他の方)が「ケータイ捜査官7」を投票
 → エントリ叶って投票開始
 → リンク集作って応援 (このあたりゼーガの手法をそのまま)
 → リンク集掲載の窪田正孝ファンの方がBDA常設投票に「Xmasの奇蹟」をエントリ
  (Xmasの奇蹟BD化計画 - アイアイのMouSou日記
 → 「Xmasの奇蹟」BD化運動が支持を広げる
 → 「ケータイ捜査官7」が3月の投票で1位獲得。熱いコメント も授賞時に渡されたそうです。
 → 「Xmasの奇蹟」のBD化運動を知った「夏の秘密」ファンがBDAにエントリ
 → それまでドラマその他部門で1位常連だった「Xmasの奇蹟」を、組織力で勝る「夏の秘密」がコメント数であっという間に抜く

 という流れなんですよねどうも(^x^;
 「ケータイ捜査官7」の1位獲得の裏には「Xmasの奇蹟」からの窪田正孝ファンの皆さんの応援もあったのだろうなと、改めて感謝しています。

 そういう次第で何か責任を感じなくもないのですがゼーガのBDでQLは尽きてしまったので、BDを買う気で応援というのは正直辛くてごめんなさい。でも側面支援はしたいなと。これこそ、あの冬の日々の記憶が鮮やかなうちに動かないとどうしようもないだろうと! 窪田君の演技は本当に本当に良かったから!!! ←実は結構はまって見てました。

 その「Xmasの奇蹟」を応援されているアイアイさんのところに興味深い記事が。

低予算 - アイアイのMouSou日記

窪田君が「Xmasの奇蹟」の前に出演し、ナレーターしてる
昼ドラ「家族善哉」。
 <中略>
ツィッターでMBS放送のほなねさんをフォローしてるんですけど。
DVD化の要望をおもわずつぶやいてみたんですよね~。
そしたら、こんな返事が。

あー、ドラマ30って激低予算で制作してたんで大抵の場合2次利用権は全て放棄してるんですよね。
今から全部の権利クリアして配分払って配信とかDVD化とかするのは至難の業かと。
ま、元プロデューサが3m先に座ってるので訊いてみるけど。ほなね。

だから、「Xmasの奇蹟」でもそうですが、BD化のリクエストが2000件は必要と…そういうことなんですね。
よほどのもうけが見込めない限り。
どうにも動き出せない大人の事情って訳ですね。

 ……これはきついわ。

 でもアイアイさんのこの記事での;

でも。あきらめたらそこでおわり。 ことあるごとにつぶやいていきたいと思ってます。

 というお言葉が頼もしいものです(^-^)

 それにしても夏秘の皆さんはゼーガペインBD化応援サイトもよく研究しておいでで凄いですよー。ていうかもう専用blog出来てるし! 素晴らしい。

夏の秘密BD化へGO!


 BDA常設投票で「夏の秘密」と「Xmasの奇蹟」は500コメント達成したので、東海テレビにコメント持っていくという話があったんですが(下記記事参照)、それも含めての第3弾エントリということで、何らかの後押しになって欲しいですね。うん。ということで応援したいのは昼ドラで。投票開始前にどこまで周知できるか、スタートダッシュが勝利の鍵ですよ!

国内ドラマが ((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!|ブルーレイディスクの小部屋

 →ゼーガペインBD化プロジェクトまとめ

|

« ゼーガBD:舞浜7/4@B-ch (-7/23) | トップページ | GX第二十七話「おさらばで御座います」 »

ゼーガペイン」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

昨日、このサイトがあることに気づきました。健の部屋、卒業生です。今、マサ君のブログが閉ざされて、どこかにコメントする場が無いか探していました。そしたら私が一番希望していたコーナーが出来ているではありませんか!スミマセン、遅くなって・・・(>__

投稿: 小雪 | 2010.08.01 06:56

>小雪さん
こちらこそ大変遅くなってしまって申し訳ありません。
第3弾の投票では「Xmasの奇蹟」は残念な結果になりましたが、
何が足りなかったのかお分かりいただけたのではないかとも思います。
BD化の運動を応援してくれる仲間を集めること、
何よりもまず「Xmasの奇蹟」を知ってもらうこと。
誰にでもできることから始めて、奇蹟を掴み取ってくださいませ。

投稿: しののめ | 2010.10.10 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4985/48879043

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの力でBD化プロジェクト第3弾:

« ゼーガBD:舞浜7/4@B-ch (-7/23) | トップページ | GX第二十七話「おさらばで御座います」 »