« pixivFACTORYでPDF入稿してみた(1/3)原稿編 | トップページ | pixivFACTORYでPDF入稿してみた(3/3)入稿の手順編 »

2018.10.08

pixivFACTORYでPDF入稿してみた(2/3)グレースケール変換編

 pixivFACTORYの同人誌印刷で、PDF入稿した際のおぼえがき。PDFのグレースケール変換編です。

 グレースケールでPDFが出力できるのかどうかわからない方は、こちらを読んでみてください。

 オールカラーの場合、またはモノクロ本文でグレースケールでPDFが出力できる環境の方は、こちらを飛ばして「入稿の手順編」へどうぞ。

 ←(1/3)原稿編

同人誌印刷所を比較!オトクな早割、短納期や少部数もOK - pixivFACTORY BOOKS

【4】モノクロ本文の場合、PDFも確実にモノクロ(グレースケール)にしておくといい

 モノクロ本文の場合、グレースケールで作ったつもりでも、出力したPDFがグレースケールになっていない場合は下記のようなエラーが出ます。


PDFファイルの1ページ目は、グレースケールではありません。印刷時に問題が起こる可能性があるので、修正することをおすすめします。

PDFファイルの1ページ目に、グレースケールでない画像が含まれています。印刷時に問題が起こる可能性があるので、グレースケール画像を使用することをおすすめします。


 このエラーが出たままでも入稿・印刷は可能でしたが、精神衛生上よろしくないので、できれば確実にグレースケールのPDFを出力しておきたいところです。

 InDesignの場合、CS6以上であればグレースケールのPDFを出力できますが、CS5以下ではInDesignで出力したPDFをグレースケールに変換することになります

 フリーソフトの CubePDF を使ってグレースケールに変換する方法は以下の通りです。複数ページのPDFもまるごと変換できます。

無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF - CubeSoft

 こちらをインストールすると、仮想プリンタとしてPDFを作成できるようになります。

【a】Adobe Acrobat Reader DC で、変換したいPDFを開く

 [印刷] → プリンタで「CubePDF」を選択
 「グレースケール(白黒)で印刷」にチェック

Pdf01 Pdf02

 [プロパティ] → [用紙/品質] で 白黒・サイズ指定
 今回はA5縦なので、サイズは154mm*216mmです。

Pdf03 Pdf04

 印刷の向きはいくつか設定箇所があるのでとにかく [縦] にしました。(★)

Pdf05 Pdf06

 設定を終えたら [印刷]

Pdf07

【b】CubePDFのメニューが開く

Pdf08 Pdf09

 [一般] ページの向き:横(★)
 [その他] オプション
 「グレースケール」にチェック
 「PDFファイル中の画像をJPEG形式で圧縮する」一応チェックを外しておく

(★)Acrobatでも CubePDF でも、ページの向きを全て自動または縦にしたのに、CubePDFで出来たPDFが横を向いてしまうので、CubePDFではページの向きを横にしたら縦のPDFが出来ました。
 ちょっと原因が分からなかったので、試してみてください。

 変換後のPDFだと、pixivFACTORYにアップロードしても先のエラーは出ませんでした。
 PDFのサイズも半分くらいになりました。

 変換前:1.51MB → 変換後:836KB


 この後は、「入稿の手順編」に続きます。



|

« pixivFACTORYでPDF入稿してみた(1/3)原稿編 | トップページ | pixivFACTORYでPDF入稿してみた(3/3)入稿の手順編 »

同人誌」カテゴリの記事