2008.03.24

ガンダム上井草に立つ

「上井草駅前に「ガンダム」モニュメント」(News i:動画あり)

 西武新宿線・上井草駅前に設置されたのは、人気ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」のモニュメント。高さおよそ3メートル、国の補助金200万円を含む制作費2000万円をかけて2年前から作り始めたということです。

続きを読む "ガンダム上井草に立つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.26

逢坂浩司さんご逝去。

 アニメーターの逢坂浩司さんが9/24に亡くなられたとのこと。
 先の桶谷顕さんの悲報からまだ間もなく、Vガン・Gガンを作られたお二方が彼岸に渡られてしまわれたというのは残念という言葉ではとても言い尽くせるものではありません。心よりお悔やみ申し上げます。

続きを読む "逢坂浩司さんご逝去。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.03

「あっ、川口名人だ」

 朝日新聞9/3付け夕刊1面を見て口にした台詞。
 asahi.comの日替わりでの記事紹介を引用しときます。お写真の表情が良いのですよ。

asahi.com:夕刊be

〈凄腕つとめにん〉
ガンプラの世界で知る人ぞ知る存在
 大学時代からガンダムのプラモデル(ガンプラ)マニアとして知られた川口克己さん(45)。あこがれのバンダイに就職して、ガンプラ担当者になったのはよかったのですが、コストと品質のバランスに悩む日々が続きました。入社して10年、大人を対象にした高級ガンプラ(マスターグレード)でヒットを飛ばしました。 (09/03)

 →記事全文

続きを読む "「あっ、川口名人だ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.14

赤白青でドリームシップ ep1/2

livedoor ニュース - ガンダムのシャア・アムロ・カミーユがオカマに挑戦!

 ドイツ映画史上、オープニング記録を塗り替えたSFパニック・パロディの超大作「ドリームシップ エピソード1/2」の日本語版DVDが2007年1月26日に発売される。
 主役の吹き替えを担当されたのは、古谷徹さん、飛田展男さん、池田秀一さん。ご存じガンダムシリーズで、アムロ・レイ(古谷徹さん)、カミーユ・ビダン(飛田展男さん)、シャア・アズナブル(池田秀一さん)を演じた早々たる顔ぶれだ。この豪華な三人が演じるのが地球を守るオカマ役というからガンダムファンでなくとも興味津々、話題はつきないだろう。主役の三人に絡むキャストも、高島雅羅さん、麦人さん、小山力也さん、若本規夫さんら、いずれも名優揃いだ。

 記事タイトルに従って赤白青にしちゃったけど、元記事本文は白青赤の順なのが何か嬉しい。

 記念写真でマイペースな池田さん、ちょっと作ってみました古谷さん、そして一際弾けている飛田さんという図が楽しい。
 写真の後のインタビューでは、記事タイトルのネタで主役3人にそういう話を振るのだけれど、その意図通りに照れ照れに答えてみせている古谷さん+池田さんに対し、普通に役者として答えているのが飛田さん。だって飛田さんはそういう役は慣れてますもんね(*)。そんな飛田さん一人だけ三役というのがいつもながら素晴らしいですよ。そういえば「プロジェクトA子」で池田さんも一応女性役やってますよね。
 そしてこのお三方で歌ったという話で、デビューしちゃってくださいよと(^^ アドリブに見えるけど台本通りです、というのはビーストウォーズを思い出させる発言。日本語版の音響監督誰なんだろう。

 で、記事では華麗にスルーされてますが、これは「DREAMSHIP SURPRISE - PERIOD1」という原題からもミエミエなスタートレックのパロディ映画。今回二役の麦人さん(TNGのピカード艦長)もTOSの経験者だそうだけど、まんが宇宙大作戦(TAS)でウーラを演じてらした高島雅羅さん(TNGではディアナ)あたりは随分楽しかったのではないかなぁ、とか。あとSTパロディのおバカ映画といえば忘れてはならない「ギャラクシー★クエスト」(Galaxy Quest fan site)の吹き替えでのダガート艦長役は、ブライト艦長でおなじみの故・鈴置洋孝さんだったなぁと思うと、これも何かの縁のようでもあり。

(*)飛田さんのオカマ役は複数あるが、現在放映中のときめきメモリアル OnlyLoveの黒十影操先生については、オカマだとかそういうものを超越した存在。#07「ときめきの告白」での演劇に対する溢れんばかりの情熱は、TVのスピーカー越しだったというのに、その場で飛田さんの生の声の音圧を感じるような錯覚さえ起こさせる迫力でした。いやマジで背筋に来ましたもん。オカマだけではなくて生物学的に女性の役を演じられても実に見事な方です。舞台が本気で凄いので、来年1月の《RELAX》の第12回公演「絹の龍~シルクドラゴン~」が楽しみ。

ドリームシップ エピソード1/2(公式サイト)

トレックバック・ピープル
トラックバック・ピープル:ガンダム!
トラックバック・ピープル:Zガンダム
カミラボ:機動戦士Ζガンダム

↓こんなのも出るそうです。


4847017005シャアへの鎮魂歌 わが青春の赤い彗星
池田 秀一
ワニブックス 2006-12-21

by G-Tools
B000JJSM0Mドリームシップ エピソード1/2
ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ リック・カヴァニアン クリスチャン・トラミッツ
ポニーキャニオン 2007-01-26

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.10

NewsBirdでバンダイ特集

 TBSニュースバード(スカパー!)でやってる「グローバル・ナビ」、本日放送分がバンダイの上野和典社長。途中から見たんだけど、静岡のバンダイホビーセンターがなかなかに凄い。つか、あの制服はちょっと違うよなー、アナハイムのノリならそっち系にしないと何かおかしいよー。社内に不満はなかったのかとかって、どこを見てるんだ自分。いや ジオン バンダイ脅威のメカニズムでの1/400とかはガンコレのキャンペーンのが当たったからこの目で見てるしさ。
 とりあえず24時から再放送があるんでそっち録画しよう。

バンダイホビーセンター
バンダイのないしょばなし: ものづくりインターン BHCの制服の写真あり。自主コスプレじゃないんですよ。

↓もうすぐだー(^^


B000ETQSKS機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
矢立肇 富野喜幸 古谷徹
バンダイビジュアル 2006-12-22

by G-Tools
B000F9TD5O機動戦士ガンダムDVD-BOX 2
矢立肇 富野喜幸 古谷徹
バンダイビジュアル 2007-01-26

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.12

コミックマーケット70

 何か今日はえらい雷雨なんですが、有明は大丈夫なんでしょうか。昨日は朝は曇っていて「今日は涼しくていいですねー」なんて話してたのに、どんどん日が照ってきて暑くなってきて、汗だらだらで、帰宅したら足がえらいことになってましたよ。という訳で皆様おつかれさまでした。

続きを読む "コミックマーケット70"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.27

Gフェスティバル@大阪に飛田さん

 ガンダムエースのイベント「Gフェスティバル」は本誌8月号の専用ハガキでのみ応募可能。ということで重複応募は減るんだろうけれど、なくなりはしないんだろうなぁ。7/25(火)消印有効とのことです。詳細は本誌をご覧下さい。で、自分が気になるゲストが

【8/26 東京】古谷徹さんと池田秀一さん
【8/27 大阪】飛田展男さんと石川英郎さん

 つーことでどちらかなら大阪に応募するしかないのか。劇場版Ζのカミーユ役での飛田さん目当てはお約束として、オリヴァー・マイ役での石川英郎さんを生で見る機会なんてそうそうないぞ(他の作品でならともかく)。

 石川さんといえばMS IGLOO公式での石川×長沢対談

長沢:あ、でも私も、関くん(※声優の関智一さん)には「まあ俺は、ガンダムに何機も乗ってるからね!」とか、毎度のように自慢される! 一年戦争を戦ってないあの男に!
石川:殺せ!(笑)と言うか、関には5話か6話でゲスト主役で一年戦争に初参戦してもらって、序盤のうちにとっとと死んでもらおう!
長沢:だったらこの際、歴代のガンダムで主役を演った方を全員呼んじゃいましょう!
石川:そうだ!殺れ!!……って、そのまえにこんなコト言ってると、俺がそれぞれのファンに俺が殺されそうだけどね(笑)。

 という話がありましたけど(「一年戦争を戦ってないあの男」という言い方がイカス)、ほんと飛田さんにもイグルー出て欲しかったですよ(i_i) 殺され役でも端役でもいいから(欲を言えばゲスト主役やって欲しかった!)。一応近所の戦場には友軍のカリウスが居たはずですが。

 因みにSTONERIVER KINGDOM(石川英郎公式)の「活動報告」にこの対談を踏まえた風なコメントがあって、

…もう、乗りたいとか、どうでも良くなってきた。(苦笑)

 ドラム缶じゃあねぇ……(^^;
 でもまだ1話残ってるから何が起こるかわかりませんよ技術中尉殿。

 にしても飛田さんちの猫がラプトルで石川さんちの猫がラップってどういう縁ですか。大阪行きたいー。

トラックバック・ピープル:ガンダム!
トラックバック・ピープル:Zガンダム
カミラボ:機動戦士Ζガンダム
カミラボ:バンダイミュージアム(MS IGLOO)

B000GBEQVCGUNDAM A (ガンダムエース) 2006年 08月号 [雑誌]
角川書店 2006-06-26

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HJ+電ホ2006年8月号

 HJの方はボトムズ・コマンドフォークト→マゼラ・アタック大会→U.C.HARDGRAPHMS IGLOOと、何かもうこれでもかってくらいに良い意味で泥臭いミリ風味。で、なんでヅダの次にジムキャノンを挟んでドラッツェなのよ、ジムキャノン挟んだら連邦に水さされてるじゃないのよと思ったら、その後がΖとジ・O(ラストのアレ。どのくらい刺さってるかまで分かる写真が面白い)なんで年代順だったのか。
 ヅダ特集はHJ:作例の工作とスプリッター迷彩の解説が丁寧で良い、電ホ:各機でアプローチ替え+旧ザクもちゃんと取り上げてるのが良しとそれぞれに味有り。

 電ホの方は、HJにはp280の上隅にしか載らなかった1/72ゼーガペイン・アルティールのテストショットがp121-122の見開きでばばーんと掲載。クリアパーツの色が劇中のイメージと何か違うような。……つか試作品の方がイイカンジなんですけど。コックピットの発光ギミックのおかげで内部再現がナシなのは残念ですが(二輪でタンデムしてますって感じのあのノリが好きだ)、HJの写真見ると発光自体はイイカンジみたいですね。ここまでクリアパーツ使うと作例はどう来るんだろうと思うのだけれど、そこはそれ、模型誌のプロモデラーならではの仕上げを期待しますよーと思うとやっぱHJも気合入れて欲しい。HJ見ると台座には例の光輪のモールドがあるから、蛍光塗料で塗ると良さそう(マスキングで確実に泣く)。

 で、電ホp226-227では白黒だけどガルズオルム側メカ紹介。何だやっぱ「ヴァージェム」だったのかーと、ゼーガペイン公式にもこの表記は載ってないような気が。#11で正面から見ると、オオサンショウウオとゆーかウーパールーパーみたいな可愛い顔してますねこれ。

 ヅダもアルティールもCGからの立体化(……と書いてやっと思い至ったんだけどアルティールのボックスアートってどんなのが来るんだろ)で、同じサンライズDID今西組なんだけど方向性が全然違うのが面白いのかなぁ、とか。その縁で欲を言えば、イグルーでは戦闘シーンであれだけ手に汗握らせてくれるんだから(5話なんてボールとドラム缶なのに!)、ゼーガでもその点一つよろしく頼みますってことで(#06とか#11は良かったんだ──ってコブラル出なきゃ駄目ですか)。ま、風呂敷はもうすぐ広げ終わる訳だから、そっから先は期待出来ると思ってます(^^ ←TVシリーズとOVAを一緒にしてはいけません

 CGついでに、先日久しぶりにGセイバー見直してて、CGは今作るとまた全然違う絵になっちゃうんだろうなぁと思ってしまったり。いやこれはこれで好きなんですけどね。何であんなところでいきなりチャンバラやねんというのも含めて。英語音声でも大体分かるんだけど、なのに字幕とも違う吹き替え版の台詞とかまで思い出してわやくちゃ(^^; でもジャックのアヒル笑いは原語ならではだ!

トラックバック・ピープル:ガンダム!
トラックバック・ピープル:ゼーガペイン
カミラボ:ゼーガペイン

B000G5S1BEHobby JAPAN (ホビージャパン) 2006年 08月号 [雑誌]
ホビージャパン 2006-06-24

by G-Tools
B000G03U0G電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2006年 08月号 [雑誌]
角川 (メディアワークス) 2006-06-24

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.13

infix長友仍世のくるナイ@web

 「infix長友仍世のくるめのめくるめくナイト」がweb配信されるようになったので、初めて聴きました。公式の紹介によると;

ご存じ infix ボーカルの長友仍世が送る爆裂トーク全開のトークバラエティ! 毎回リスナーから送られてくる日常ネタや爆笑ネタを紹介したり、 そして様々な分野からゲストも招き、根掘り葉掘り聞いたりの抱腹絶倒の60分!!

 ということだそうですが、web配信はパート毎に分けてあるので少しずつ聴くのも可です。Quick TimeなんでMacの人も大丈夫なリスナーに優しい仕様ですね。最近ラジオなんて聴いてなかったから、こういう感覚は久しぶりだなーとか思いつつ楽しみました。というかやっぱラジオでのオンエアを聴いてみたいなと。久留米の地元密着なのが良いですよ(^^) 「BGMは久留米小唄です」なんていう新人向けの久留米小ネタも嬉しいところ。

 で、そのBGMといえば、VガンEDでおなじみの「WINNERS FOREVER」21世紀版や、ROBO-ONE宇宙大会のテーマソング「Strato Stars~成層圏の瞳~」などなど、CDの収録時間限界に挑んだたっぷり16曲のinfix新盤「WINNERS FOREVER 21st century」を掛けまくってますので、webでこのアルバムを試聴できることになっています。アルバムどんな感じかな、と思われた向きは是非くるナイ聴いてみてください(^^) 次回web更新は4/15です。

infix公式サイト
トラックバック・ピープル:ガンダム!

B000EBDE9EWINNERS FOREVER 21st century
infix
ランティス 2006-03-24

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

MS IGLOOとROBO-ONEと

 「MS IGLOO 黙示録0079」公式サイトが更新されてます。第4話じゃなかった、黙示録第1巻「ジャブロー上空に海原を見た」の発売も今月26日と迫って参りまして、その関連画像QTVRも更新されてますが、今回の更新の目玉といえば「Special」の音響監督の藤野貞義氏のインタビュー。ご存知の通り、イグルーだけでなくTV版/劇場版Ζガンダムをはじめとして数々のガンダムシリーズの音響監督をなさっているお方のお話なので、イグルーはよく知らないという向きもこのインタビューは是非どうぞ。シアターB1の苦労話は、あそこで試写→本公開と拝見しただけに、ほんとお疲れさまでしたというものです。

続きを読む "MS IGLOOとROBO-ONEと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧